診療設備ご紹介

診察室

写真

個室の空間でプライバシーに配慮しております。また画像モニターで病気の映像でご自身の目で見てご理解していただけます。モニターは複数設置しておりますので、同伴されたご家族の方にも画像をご覧いただけます。

ページトップへもどる

中耳炎をより正確に診断 鼓膜内視鏡

写真

中耳炎などの病気の際に鼓膜の状態を確認するために、専用の内視鏡を設置しており、耳の状態の映像をご覧いただけます。ご本人様だけでなく、小さなお子さんを持つお父さん、お母さんにも画像をご覧いただき症状をよりわかりやすくご理解いただけるようにしております。

ページトップへもどる

声のかすれ、癌の早期発見  FICE内視鏡

写真

当院で鼻や喉の診断に用いる内視鏡は、FICE(Flexible spectral Imaging Color Enhancement:分光画像内視鏡システム)という機能を持つ内視鏡を採用しています。通常の内視鏡に加えて粘膜の微細な変化がわかる内視鏡システムです。小さな病変の発見、正常部と病変部の境界線の正確な把握など、病変部の早期発見をサポートします。患者さんご本人にも保存した動画でご病状をご確認いただけます。

ページトップへもどる

アレルギー性鼻炎のレーザー治療

写真

主にアレルギー性鼻炎の患者さんに対して行うレーザー治療の器具です。レーザー治療で鼻の粘膜を焼き粘膜を収縮させて、腫れを引かせ鼻つまりを改善させるとともに、鼻の粘膜を変性させて、くしゃみ、鼻水を改善させます。当院では、一度鼻の状態を確認させていただき、その後、お日にちをご予約いただき施行させていただきます。

ページトップへもどる

頸のしこりを診断 頸部エコー検査

写真

当院では頸部超音波検査(エコー検査)を行っています。エコー検査は患者さんの負担が少なく短時間で行え、得られる情報も多く、CTやMRIでわからない病変もエコー検査だけで診断がつくことも多くあります。主に甲状腺の病気のくびのしこりの診断に使用します。

ページトップへもどる

めまい 赤外線眼球運動検査

写真

耳鼻科で扱うめまいの場合、めまいが起こっている時に、目の動きが見られます。眼振と呼ばれる動きです。この動きをより詳細にとらえることができるのが、赤外線眼球運動検査です。当院では赤外線CCDカメラがついた眼鏡を用いており、モニターで拡大して観察し、微細な変化がないか確認しています。検査終了後、患者さんご本人にも保存した動画でご自身の目の動きを確認していただくことが可能です。

ページトップへもどる

お問い合わせ

住所
〒571-0030
大阪府門真市末広町7-5 樋口ビル2F
Tel
06-6909-3387
診療時間
月・火・木・金
午前9時~12時30分
午後4時〜7時
水・土(午前のみ)
午前9時~12時30分
日・祝日(休診)

アクセス
門真市の京阪古川橋駅南口から徒歩1分 
南口ロータリー内
© 2015 Imaizumi ENT Clinic. All rights reserved.