扁桃炎

扁桃は、口蓋垂(のどちんこ)の両脇にある膨らみで口蓋扁桃とも呼ばれます。3~6才ぐらいで大きさがピークとなり、その後徐々に縮小し、中学生ぐらいで大人と同じ大きさになります。 口蓋扁桃以外にも、鼻の奥の咽頭扁桃(アデノイド)、耳管扁桃、舌の根本にある舌根扁桃があります。
風邪の急性期に過剰に炎症を起こす場合に急性扁桃炎として発症し、風邪以外の時にも炎症が持続する場合には慢性扁桃炎と呼ばれます。

  • 扁桃炎の原因

    扁桃炎゚゚

    扁桃には風邪を引いていなくても菌が常在しており、細菌やウイルスの感染などで免疫が落ちて、さらには常在している細菌が増殖し急性扁桃炎を発症します。

  • 扁桃炎の症状

    急性扁桃炎の症状は発熱(38℃以上の高熱もしばしば) 咽頭痛、嚥下時痛、摂食不良 などに加えて、全身倦怠感が出現します。
    急性扁桃炎の病原体として、一般的な細菌(肺炎球菌、インフルエンザ菌、ブドウ球菌など)に加えて、溶連菌、EBウイルス、アデノウイルスなど様々な細菌やウイルスがあります。

  • 扁桃炎の治療

    ①薬による治療
    急性扁桃炎の治療は、外来通院処置(扁桃へのルゴール塗布、膿栓吸引処置、ネブライザー吸入など)に加えて、抗生剤の投与、解熱・鎮痛剤や消炎剤、うがい薬などの処方をします。
    内服薬で改善しない場合は、点滴による抗生剤投与を行うこともあります。
    食事や水分が全く摂れないときには入院が必要になる場合があります。
    ②手術
    扁桃炎を繰り返す人は手術で扁桃摘出を検討します。習慣性扁桃炎とも呼ばれ年に3,4回以上扁桃炎をくり返す場合、体の負担だけでなく社会的にもデメリットが大きいためです。
    *一般的に扁桃摘出の原因となるのは下記のような場合です。
    ・一年に3,4回以上扁桃炎を繰り返す。
    ・扁桃周囲膿瘍などの高度な扁桃炎をくり返す。
    ・扁桃が大きい いびきが大きい、睡眠時呼吸障害がある。
    ・扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍などの高度な炎症を2回以上繰返す。
    ・扁桃の表面に白い膿(膿栓)がつきやすく、喉の違和感、口臭や微熱の原因になる
    ・病巣感染症がある。(IgA腎症,掌蹠膿疱症などの皮疹など)

  • 注意していただきたいこと

    年に3,4回以上、急性扁桃炎になる人は習慣性扁桃炎と呼ばれ、手術が必要な場合があります。
    ・扁桃炎がひどくなると扁桃周囲炎や扁桃周囲膿瘍といった高度な炎症がおき、切開をして膿の出すなどの処置が必要になることがあります。場合によっては喉頭蓋炎といって息の通り道まで炎症
    ・扁桃を切除すると、免疫が弱くなるのではないか?との質問をよく受けます。
    少なくとも3才以降では、免疫機能の低下は認めないと考えられています。ただし、3才以下では周りの扁桃組織が逆に肥大してしまうので、よほど高度な呼吸障害がなければしばらく経過をみます。

ページトップへもどる

扁桃炎に関連する病気

扁桃炎に関係する病気は多岐にわたります。

  • 溶連菌感染症

    溶血性連鎖球菌の略語です。溶連菌により扁桃炎を起こします。痛みが強いですが、抗生剤に比較的良く反応します。 経過中に舌が赤くなったり,全身に発疹がでたり、初期には吐き気や腹痛が出現することもあります。その後腎炎、や関節炎、心膜炎などを起こすことが稀にありますが頻度は少ないです。

  • EBウイルスによる扁桃炎

    伝染性単核球症と呼ばれます。EBウイルスの初感染で発症し、扁桃炎,頸部リンパ節腫脹,肝機能障害などが主な症状です。成人で初感染の場合、症状が強くなります。

  • アデノウイルスによる扁桃炎

    アデノウイルス゚゚

    アデノウイルスにより扁桃炎、咽頭炎の他、38度以上の高熱が続く、結膜炎による目やにや目の充血、などの症状が出ます。

  • 病巣感染症

    扁桃の慢性的な炎症により、体の他の部位これは慢性的に扁桃に細菌感染をし、その免疫複合体が血中にのって他臓器に障害を及ぼしてしまう病態です。 代表的な例は、IgA腎症という血尿が出て腎機能が少しずつ落ちていくものや、掌蹠膿疱症といって手足にブツブツが出たり、それ以外にも関節炎、心内膜炎、胸肋鎖骨骨化症など多岐に。 これらが強く出る場合は手術を検討します。

  • 扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍(のうよう)

    扁桃炎の炎症が高度になると、周りに広がり扁桃周囲炎や扁桃周囲膿瘍といった病気へ進行していきます。 通常は片側の扁桃が高度に腫脹し、軟口蓋も腫れ、高度な痛みと、口が開きにくくなる、食事が摂れなくなる、などの症状が出ます。 喉や舌の奥に腫れが進行すると喉頭蓋炎に進行し、窒息の危険性も出てくる可能性があります。
    治療は、腫れている部位を穿刺・切開し、溜まっている膿を出して、点滴での抗生剤の投与を行います。

  • 咽後膿瘍

    急性扁桃炎、扁桃周囲炎、急性咽頭炎などから炎症が、咽頭の後方の深部に広がり膿瘍となったものです。 小児と高齢者に多い疾患です。項部強直と発熱を来すことが多く、髄膜炎との鑑別が必要です。

  • 急性喉頭蓋炎

    急性喉頭蓋炎

    扁桃周囲炎や舌根扁桃の炎症から喉頭へ炎症が伝わり喉頭蓋が腫れます。
    喉頭蓋や披裂部、声門下など息の通り道が腫れますので、急激に声が出なくなったり、息が苦しくなります。 最悪の場合、窒息にいたることもあり、耳鼻科疾患の中でも最も緊急を要する疾患です。腫れの程度によっては入院の上、点滴の治療と厳重な経過観察が必要です。

ページトップへもどる

のどの違和感

なんとなく喉がイガイガする、引っかかる感じがする、痰がのどにへばりついた感じがするなど、喉の違和感が続く人がいます。 様々な検査をしても異常が見つからなことがよくあり、これを咽喉頭異常感症あるいは咽喉頭神経症と呼んでいます。咽喉頭異常感症はあくまでも他の原因ではないことを確認する必要があります。

  • のどの違和感の原因

    喉の違和感の原因はいろいろあります。咽頭炎、扁桃炎などの炎症性疾患や癌などの腫瘍、甲状腺の病気、貧血、肩こり、タバコ、アルコール、糖尿病など多岐にわたります。
    その中で違和感を来たす原因として、比較的多いのは、副鼻腔炎で鼻の奥から喉に鼻水が流れ込む場合、逆流性食道炎で胃酸が喉まで上がってきた場合、アレルギーによるもの、などです。
    原因がはっきりしない場合は、咽喉頭異常感症と呼んでいますが、自律神経失調症や心身症などの精神的なものや、女性に多いことから更年期障害などとの関連も示唆されています。

  • のどの違和感の検査

    視診や問診、のど、鼻のファイバースコープ、既往歴、嗜好品(酒、たばこ)の有無、アレルギーの検査、頸部超音波検査など、諸検査を行い、原因を検索していきます。
    それでも、原因がはっきりしない場合、咽喉頭異常感症として、取扱います。前述しましたが、あくまでも他の原因を除外することが大切です。

  • のどの違和感の治療

    原因がわかればその病気の治療を行いますが、原因がわからない場合、まず副鼻腔炎や逆流性食道炎、アレルギーの治療を行うかどうか検討します。 明らかにそれらの病気でない場合には、抗不安薬の投与や、漢方薬(半夏厚朴湯、柴朴湯など)の投与を行います。

  • ・注意していただきたいこと

    咽頭癌などの悪性腫瘍は初期のころは痛みを伴うことは少なく、症状が違和感だけということも少なくありません。 耳鼻科領域の悪性腫瘍(癌)はお酒、たばこと関連することが多いため、特にお酒を沢山飲まれる方で違和感が続く方は注意してください。
    咽喉頭異常感症は、30~50歳ぐらいの女性に多い疾患です。のどの違和感を訴えて来院される方の多くはお酒やタバコもしない人が多く、検査を行っても、悪性腫瘍が見つかることは非常にまれです。

ページトップへもどる

声のかすれ

喉の奥に声帯という声を出す器官があり、声を出す時、左右の声帯が中央に寄り、声帯の表面の粘膜が波打つように動くことで声が出ます。呼吸しているときは声帯が左右に開いています。

  • 声のかすれの原因

    声帯ポリープ

    ポリープ様声帯

    声帯結節

    喉頭癌

    “声のかすれ“は声帯に異常があり症状が出ます。
    下記の2つの原因が主な原因となります。
    ①声帯の表面に異常がある
    ②声帯の動きが悪くなる(神経の麻痺)

    ①声帯の表面に異常がある
    代表的な例は、声帯炎です。風邪症状の後、声帯の炎症を起こし声のかすれが出ます。 声帯に隆起ができるために声のかすれが生じる病気は、声帯ポリープ、ポリープ様声帯、声帯結節、喉頭肉芽腫といったものです。 悪性腫瘍では喉頭癌が代表的な疾患です。また、声帯の上方の仮声帯というところが腫れると声のかすれが出ます。粘膜の下の腫瘍(リンパ腫や神経鞘腫など)はその一例です。

    ②声帯の動きが悪くなる(神経の麻痺)
    声帯を動かしている反回神経という神経が麻痺することにより声のかすれが生じます。また、迷走神経という反回神経の元となる神経の麻痺でも声帯が動かなくなります。
    反回神経が麻痺する病気として、甲状腺癌喉頭癌下咽頭癌などの喉の癌や、食道癌、肺癌などが挙げられます。大動脈瘤など神経を圧迫することで麻痺することもあります。
    迷走神経が麻痺する病気として脳梗塞頭蓋底の腫瘍交通事故などの外傷、などが挙げられます。

    その他に風邪を引いた後、声帯の麻痺がおこることがあります。風邪を引き、声が嗄れて、声のかすれが2,3週間治らない場合、神経麻痺が見つかるケースがあります。

  • 声のかすれの診断

    ①問診、喉の診察、頸部の触診、喉頭鏡での観察
    経過を聞くことで病気がある程度絞ることができます。風邪を引いたりしなかったかどうか、タバコを吸っていないか、などです。 その上で頸の腫れの有無、喉頭の観察を行い、声帯の表面の異常や声帯麻痺の有無を
    ②咽喉頭ファイバースコープによる観察
    反射の強い患者さんや奥が喉頭鏡で観察が難しい人はファイバースコープを用いて声帯をしっかり観察します。小さな病変でも観察が可能です。
    ③頸部超音波検査
    頸部に超音波を当てて内部を観察します。簡単に施行できる上に患者さんの負担も少ない検査です。特に甲状腺疾患や頸部リンパ節腫脹なども行います。
    ④血液検査
    血液検査でアレルギーの有無、貧血の有無などを調べます。
    ⑤その他
    頭頸部、頬部、食道などに病気がないかどうか、必要に応じて胃カメラ、CT、MRIを行います。

  • 注意していただきたいこと

    声のかすれの原因の多くは、風邪によるものです。その場合は1週間前後で治癒することが多いです。声のかすれが長引く場合にはご相談ください。
    タバコ、お酒を飲まれる方は声帯の異常の有無をチェックしておくことが望ましいです。

ページトップへもどる

甲状腺の病気

のど仏の下の方に甲状腺という臓器があります。蝶々のような形をしており、気管の前に蝶々が止まるように存在しています。体の代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生し、全身の臓器に運ばれます。

  • 甲状腺の病気の種類

    甲状腺悪性リンパ腫

    甲状腺癌

    甲状腺の病気は大きく2種類に分類できます。
    ①ホルモンが多すぎる、または少なすぎることで体に異常をきたす
    ②甲状腺に腫瘤(コブ)ができる

    まず①には下記のような病気があります。
    ・甲状腺機能亢進症
    甲状腺ホルモンが多すぎることによって、動悸、汗が増える、疲れやすい、手の震え、食欲亢進、下痢、体重減少などの症状が出ます。
    代表的な病気はバセドウ病です。それ以外にも亜急性甲状腺炎、橋本病の急性増悪期、プランマー病、中毒性多結節性甲状腺腫などの病気があります。
    ・甲状腺機能低下症
    甲状腺ホルモンが少なすぎることによって、疲れやすい、顔や手がむくみ、太る、寒がりになる、便秘、皮膚の荒れ、脱毛などの症状が出現します。 代表的な原因は橋本病です。その他には中枢性甲状腺機能低下、ヨード過剰摂取などで機能低下を来たします。

    ②に関しては、
    甲状腺全体的に大きくなる病気として、橋本病、バセドウ病の他、腺腫様甲状腺腫などがあります。 部分的に甲状腺が腫れる病気には、痛みを伴う亜急性甲状腺炎などの炎症性疾患や、痛みのない良性腫瘍(濾胞腺腫など)嚢胞、甲状腺癌、腺腫様甲状腺腫などが挙げられます。

  • 甲状腺の病気の診断方法

    ①触診による診察
    ⇒腫れの有無、腫れの場所を確認し、腫瘤があればその大きさ、部位、可動性の有無を確認します。

    ②超音波検査
    ⇒甲状腺の腫れの有無、腫瘤の有無、性状をチェックし、加療が必要か経過観察でいいか、を確認します。典型的な病気であれば、超音波検査で診断が可能であり、非常に有効な検査です。

    ③血液検査
    ⇒甲状腺ホルモン値(TSH、FT3、FT4)、自己抗体(抗TG抗体、抗TPO抗体、TRAbなど)などを調べ、その値で病気の診断を進めていきます。

    ④細胞診
    ⇒腫瘤の存在があれば、針を刺して細胞の一部を取り、悪性のものでないか調べます。

  • 注意していただきたいこと

    ・ヨードを過剰に摂りすぎると甲状腺の機能が低下することがあります。 ヨードが含まれている代表的な食べ物は、昆布、わかめなど海藻類、青魚や貝類などですが、特に昆布はヨードが沢山含まれています。摂り過ぎには注意してください。
    ・橋本病は、経過中に急激に痛みを伴うことがあります。(急性増悪)また、まれに悪性リンパ腫という血液の癌ができることがありますので、急に甲状腺が大きくなった、などの場合は早めに診察を受けてください。
    ・甲状腺癌の90%以上は乳頭癌というタイプの癌で、性格は比較的おとなしく治療によって治ることが多い病気です。

ページトップへもどる

耳鼻科の癌(頭頸部癌)

耳鼻科領域の癌(頭頸部癌)は、頻度は全体の5%ぐらいで頻度は多くありません。
しかし頭から頸部は様々な臓器が密集して存在しています。聞こえや平衡感覚、匂いや味などの感覚、また息をする、声を出す、飲食に関わるので、生活の質に大きく影響する部位です。
頭頸部癌といっても、沢山の種類があり、耳に出来る聴器癌をはじめ、鼻腔癌、上顎癌、舌癌、口腔底癌、咽頭癌、喉頭癌、耳下腺癌など多岐にわたります。

  • 頭頸部癌の危険因子

    舌癌

    下咽頭癌

    喉頭癌

    頭頸部癌は細胞レベルでは扁平上皮癌と呼ばれるタイプのものが多く、主にタバコやアルコールが強く関与しています。(耳下腺癌などの唾液腺癌を除きます)
    一般的には喫煙指数という数値が目安となり、
    喫煙指数=1日当たりの平均喫煙量(本数)×喫煙年数
    この数値が400を超えると発癌の危険性が増えてきます。
    またアルコールの分解成分であるアセトアルデヒドは強い発癌物質であることがわかっています。アルコールと喫煙との相加・相乗作用で発癌率が増えると考えられています。

  • 頭頸部癌の症状

    鼻腔癌:鼻閉、鼻出血など
    副鼻腔癌:頬部の痛み、腫脹、開口障害、複視など
    口腔癌:痛みや、食べ物がしみるなど
    咽頭癌:喉の違和感、食べ物が引っかかる感じ、痛みなど、耳のつまりや痛み
    喉頭癌:声のかすれ。
    それ以外に頸部のリンパ節が腫れて見つかることもあります。
    いずれの癌も、初期の頃は症状がはっきりしないことがあるため、タバコ、アルコールを摂取していて、違和感が続く場合は注意が必要です。

  • 頭頸部癌の診断、治療

    各部位によって治療が異なりますが、頭頸部癌の治療は、手術、放射線治療、抗がん剤を使った化学療法です。これらを単独、あるいは組み合わせて治療を進めていきます。

  • 注意していただきたいこと

    頭頸部領域は、非常に狭いエリアの中に感覚器や嚥下、発声、呼吸などの生活に関わる臓器が密集しています。 癌が進行してしまうと、治療が難しくなるだけでなく、治療を行っても生活の質を大きく損なう可能性があり、早期発見が非常に大切です。
    当院では分光画像内視鏡システム(FICE:Flexible spectral Imaging Color Enhancement)という機能を持つ最新の内視鏡システムを導入しています。 通常の内視鏡検査とFICE画像を見比べながら検査することが出来るため小さな病変部の発見をサポートできます。頸部超音波検査などと組み合わせて検査おこなっています。

ページトップへもどる

頸のしこり(頸部腫瘤)、頸部リンパ節腫脹

頸にしこりを自覚されたとき、何科を受診すればいいのか、わからない方が多くいらっしゃるかと思います。 鎖骨より上から顔面までの領域のしこりは、耳鼻咽喉科で扱う病気であることが多いので、まず耳鼻咽喉科に相談していただくことをお勧めしています。

  • 頸のしこり原因

    頸部のリンパ節腫脹

    原因となる病気は、しこりができた頸部の部位によっても絞ることができます。
    前頸部(頸の前面)甲状腺腫瘍、正中頸嚢胞など
    側頸部(頸の正中より左右にずれた部位):側頸嚢胞、神経鞘腫、リンパ節腫脹など、
    耳下部:耳下腺腫瘍、リンパ節腫脹
    顎下部、オトガイ部:顎下腺腫瘍、舌下腺嚢胞(ガマ腫)皮様嚢腫、リンパ節腫脹など

    頸のしこりは上記のように多種多様にわたります。
    その中でもリンパ節の腫脹は、風邪や感染症などによって起こることが多く頻度が多いものです。 例えば咽頭炎や扁桃炎になるとあまり心配がないことが多いですが、まれに癌の転移で腫れることがあります。
    転移を疑うリンパ節腫脹であれば、癌がある部位(原発巣)を探す必要があります。 側頸部であれば咽頭癌、喉頭癌など、耳の下であれば耳下腺腫瘍や外耳道癌など、顎の下であれば口腔内に病変がないかどうかチェックする必要があります。

  • 頸のしこりの検査

    ①問診、視診。触診
    問診で、感冒の既往があるかどうか?痛みがあるかどうか?急速に大きくなってないか?しこり以外に症状がないかどうか?しこりは硬いか柔らかいか? 可動性があるかどうか?単発なのか複数あるのか?嗜好歴(アルコール、タバコ)など確認していきます。
    ②頸部超音波検査(エコー検査)
    頸部超音波検査は、簡単にできること、患者さんの負担が少ないこと、かつ得られる情報も多く、非常に有用な検査です。 しこりの見え方で良性、悪性の判定をある程度までは行うこともできます。またエコーガイド下で細胞に針をさして検査(細胞診)を行うこともできます。
    ③細胞診
    エコー検査でしこりを観察しながら、針を刺して細胞の一部を検査し、そのしこりの診断を行っていきます。
    ④ 鼻腔および喉頭ファイバースコープ
    頸部のしこりが悪性腫瘍の転移が疑う場合などはファイバースコープにより鼻腔、口腔、咽頭の観察を行います。
    ④その他
    血液検査や CTやMRIをオーダーすることもあります。
    ⑤細胞診
    細胞診は、腫瘤に注射針で刺して細胞を吸引します。甲状腺腫瘍、癌の転移リンパ節などの良性か悪性かを診断するのに非常に有効な検査です。 悪性リンパ腫など一部の腫瘍は細胞診では判定することが難しいため、その場合は総合病院にご紹介でリンパ節を塊でとって調べることが必要です。

  • 注意していただきたいこと

    ・頸には特に病気がなくても、リンパ節が存在しており人によっては、しこりを触れることがあり、必ずしも異常ではありません。
    ・咽頭炎、扁桃炎などの風邪症状が先行して、頸のしこりを触れることがよくあります。 感染が治まると、基本的にはリンパの腫れもおさまっていきますが、しばらく腫れが残ることもあり、一か月以上腫れた状態が続くことも珍しくありません。
    ・風邪症状もなく、痛みもなく、急に腫れてきたという場合は、怖い病気のことがありますので、早めに診察を受けてください。

ページトップへもどる

お問い合わせ

住所
〒571-0030
大阪府門真市末広町7-5 樋口ビル2F
Tel
06-6909-3387
診療時間
月・火・木・金
午前9時~12時30分
午後4時〜7時
水・土(午前のみ)
午前9時~12時30分
日・祝日(休診)

アクセス
門真市の京阪古川橋駅南口から徒歩1分 
南口ロータリー内

便利メモ

【夜間・休日診療所】
門真市保健福祉センター診療所
内科・小児科・歯科
TEL.06-6903-3000
【夜間のみ】
北河内夜間救急センター(枚方市)
小児科(15歳未満)
TEL.072-840-7555
【病気やケガで困った時】
救急安心センターおおさか
24時間 365日
TEL.#7119または06-6582-7119
【大阪府の医療機関を探したい】
大阪府救急医療情報センター
24時間 365日
TEL.06-6693-1199
門真市役所
TEL.06-6902-1231
© 2015 Imaizumi ENT Clinic. All rights reserved.